過ぎ去りし…(連作5冊目)

過ぎ去りし…(連作5冊目)

お一人様
20
個まで

●2014年夏コミ本 ●『フォーチュンアテリアル』過去編 ●全年齢向け ●文庫サイズ 本文199P(+おまけ5P) ●1ページ:18行×44字 ●テキスト量は400字詰め換算で原稿用紙296枚  ある日の夜、千堂家の屋敷から、目覚めるはずのない銀髪の少女の眷属がひとり、逃亡した。  それから数日後、修智館学院でひとりの女子が倒れているのが見つかる。その首からは血が流れていた。  これで二件目だった事から生徒会副会長の東儀伊織は、 風紀委員長の東儀正一郎と共に事件 の解決に乗り出すが、しかし、事件は更に続き……。  原作の物語から35年ぐらい昔の修智館学院を舞台に、そこ で起こった何者かによる吸血鬼騒動、そして伊織と生徒会長・天池志津恵との別れが描かれます。 ※『フォーチュンアテリアル』 の二次創作小説です。 ※第2章までのサンプルはこちらに http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3987367

    ●2014年夏コミ本 ●『フォーチュンアテリアル』過去編 ●全年齢向け ●文庫サイズ 本文199P(+おまけ5P) ●1ページ:18行×44字 ●テキスト量は400字詰め換算で原稿用紙296枚  ある日の夜、千堂家の屋敷から、目覚めるはずのない銀髪の少女の眷属がひとり、逃亡した。  それから数日後、修智館学院でひとりの女子が倒れているのが見つかる。その首からは血が流れていた。  これで二件目だった事から生徒会副会長の東儀伊織は、 風紀委員長の東儀正一郎と共に事件 の解決に乗り出すが、しかし、事件は更に続き……。  原作の物語から35年ぐらい昔の修智館学院を舞台に、そこ で起こった何者かによる吸血鬼騒動、そして伊織と生徒会長・天池志津恵との別れが描かれます。 ※『フォーチュンアテリアル』 の二次創作小説です。 ※第2章までのサンプルはこちらに http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3987367